形態

形態

固定型には、「デスクトップ型」、「タワー型」、「一体型」などがあり、可搬型には、「ラップトップ型」、「ノート型」などがある。

固定型

固定型

デスクトップ型 かつては横型の筐体を使用したものをこのように呼んでいたが、現在ではミニタワーなどの形状でも机上に置くことができるものは(ノート型と対比する形で)デスクトップ型と呼ぶ場合が多い。
拡張性を犠牲にした小型のデスクトップ筐体では、縦横どちらにも設置できるものが多く、価格も比較的安いことから、企業などの業務用クライアント機として大量に導入されている場合が多い。
タワー型 縦型の筐体を用いるパーソナルコンピュータである。
大きさによって、フルタワー、ミニタワー、マイクロタワー、スリムタワーなどがある。
立方体に近い形状をしたキューブ型パソコンも、広義ではこのタワー型に入る。
また、フルタワーよりも大きなサイズのスーパータワーも存在する。
フルタワーやミニタワーは、メンテナンス性に優れ、内部拡張性が高いものが多い。
ヘビーユーザーにとっては設置面での問題を別にすれば最も適した種類である。
ディスプレイ一体型 本体(マザーボード、電源等)とディスプレイ(かつてはブラウン管、今日では液晶ディスプレイ)をひとつの筐体に収めたもの。
製品によってはキーボードも一体化している場合がある。
超小型デスクトップとは違って内部の部品は一般的なデスクトップ用の部品を使用しているものが多いが、記憶ドライブなどにノート型の部品を転用している場合も見られる。
デスクトップ型やタワー型と比べると、本体とディスプレイの接続の手間は省ける利点はあるものの、機能拡張面で弱い傾向が見られる事から、ヘビーユーザーからは敬遠されがちである。
2005年頃から登場した大型のものは、地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)受像機と一体化され、一見パソコンには見えないものが多い。
以前から存在する小型のものは、ライトユーザー(初心者)の他に、企業などのクライアント機として大量に導入される場合がある。
キーボード一体型 本体とキーボードが一体化しており、外観は分厚く大きいキーボードのようである。
テレビ接続を想定していたかつての8ビットパソコンに多く採用されていたが、1990年代以降は少なくなっている。
超小型 ノートパソコンの部品を利用して内部拡張性を排除したデスクトップパソコン。
ノートパソコンのように電源を外付けにしているものが多い。
機器組み込みなどの特殊用途やサーバ用に販売されていたが、低価格を売りに一般向けに販売され、ライトユーザーを中心に人気を博している機種もある (Mac mini)。

可搬型

ラップトップ型
本体、ディスプレイ、キーボードをひとつの筐体に収め、移動のためのハンドルを持った形状のもの。
膝(lap)の上(top)に乗せて使うことからこの名がついた。
現在のノートパソコンのような小型軽量のものが登場するまでは、可搬型といえば(Osbone-1のようなものを除き)これしかなかった。
なお、電池を内蔵せず、使用時は商用電源が必要なものもある。
また、マサチューセッツ工科大学のプロジェクトチームが発展途上国の子どもたち向けに開発中の100ドルパソコンでは、電気のない地域でも利用可能にするために手動のハンドルで電力を供給するシステムを採用している。
ノート型(詳細はノートパソコンの項を参照) A4ノートサイズ以下の大きさで、折りたたんで持ち運び可能なもの。
ノート型のうちでも可搬性を重視したものとして、サブノートやミニノートがある。
主に据え置きで使い、長距離の持ち運びより室内での移動を想定した大型で重いものは、DTR(デスクトップリプレイスメント)、トランスポータブルなどと呼ばれる。
サブノート ノート型の中で小型のもの。
おおむねB5判以下あるいは、A4判で特に薄型のものをさす場合が多い。
ミニノート サブノートよりも小型のもの。
おおむねA5判以下のサイズのものをさす。
キーボードやマウスを省略し、液晶ディスプレイに一体化したペンタブレットで文字入力とポインティングを行うものをペンコンピュータといい、2002年にマイクロソフトが発売した専用オペレーティングシステム(OS) (Microsoft Windows XP Tablet PC Edition) を搭載するタブレットPCもこれに含まれるが、普及はまだこれからである。
また時計型や頭部に装着するなど常に身体に携帯して使用するタイプを総称してウェアラブルコンピュータと呼び、今後普及が期待される形態のひとつである。

可搬型

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net